朝山神社(あさやまじんじゃ)

ご由緒
主祭神 眞玉著玉之邑日女命は神魂命の御子にして姿容端正 淑徳玉の如し坐し坐せば「大己貴命娶り給いて毎朝に通い 坐しき故朝山と云う」と出雲風土記に記さる。  当社の創立については当地方の神楽歌に「ありがたや宇比多伎山の宮造りこれぞ社の初めなるらむ」と歌はれる如く余りにも古く古典に依れば出雲風土記に淺山社 延喜式神名帳に朝山神社と記さる。  当社は往古より山美しく水清き宇比多伎山に御鎮座坐し坐し 位置を移せしことなく故に中世より宇比多伎大明神とも申し奉る。
住所
〒693-0213
島根県出雲市朝山町1404
御祭神
眞玉著玉之邑日女命、神魂命、大穴牟遅命、大己貴命
電話番号
-
営業時間
-
標高
157m
社格
-
系列
-