神魂神社(かもすじんじゃ)

ご由緒
創祀年代は不詳。社伝によれば、天穂日命がこの地に天降って創建したものと伝えられる。当社は出曇国府に近い古代出雲の中心地であり、社伝では、天穂日命の子孫が出雲国造として25代まで当社に奉仕したという。出雲国造家は現在は出雲大社の宮司家であるが、現在でも国造家の代替わりのときの「神火相続式」「古伝新嘗祭」は、明治初年までは当社に参向して行われていた。
住所
〒690-0033
島根県松江市大庭町563
御祭神
伊弉冊大神(いざなみおおかみ)、伊弉諾大神(いざなぎおおかみ)
電話番号
0852-21-6379
営業時間
-
標高
49m
社格
旧県社
系列
-