金刀比羅宮出雲分社(ことひらぐう・いずもぶんしゃ)

ご由緒
山陰地方の崇敬者の増加に伴い、明治12年、金比羅宮教会講社集会所が設立、明治15年、金刀比羅宮崇敬教会直江支教会と改称。明治22年、大物主神、崇徳天皇の神霊を迎え、八幡神社を合祀し、金刀比羅神社と改称。当宮境外末社に加えられた。
住所
〒699-0631
島根県出雲市斐川町直江町1067-3
御祭神
大物主神(おおものぬしのかみ)、崇徳天皇(すとくてんのう)、天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、誉田別命(ほんだわけのみこと)
電話番号
0853-72-8108
営業時間
-
標高
7m
社格
-
系列
金刀比羅神社