八重山神社(やえやまじんじゃ)

ご由緒
神代の昔、「鷲尾の猛」という魔神が八重山の岩窟に住んでおり、鶏に姿を変えて近郷の良民を苦しめていたが、須佐之男命が退治したときから金鶏に姿を変え、村民に尽したと伝えられている。その金鶏が祀ってあり、近年では牛馬繁栄の神様として崇敬されている。4月と9月に牛馬繁栄祈願祭が開催される。
住所
〒690-2702
島根県雲南市掛合町入間50
御祭神
健速須之男命(たけはやすさのおのみこと)、速玉之男命(はやたまのおのみこと)、母事解之男神、神大市比売命(かむおおいちひめのみこと)、大山祇神(おおやまづみのかみ)
電話番号
0854-62-1260
営業時間
-
標高
415m
社格
-
系列
-