山口県護国神社(やまぐちけんごこくじんじゃ)

ご由緒
山口縣護國神社は日清戦争以降、山口県出身の殉国の英霊を慰霊するため、明治36年、防長靖献会を設立して、以後毎春、現在地の南に隣接する桜畠練兵場で招魂祭を斎行したことに始まる。昭和14年、招魂社制度が整備され、県内一円を崇敬者区域とする招魂社を創建することとなり、社殿の造営に着手、昭和16年8月に現社殿が竣工された。
住所
〒753-0011
山口県山口市宮野下1932
御祭神
山口県関係の英霊(えいれい)
電話番号
083-922-2027
営業時間
-
標高
47m
社格
内務大臣指定護国神社・別表神社
系列
護国神社
公式ページ
>>公式ページ