大地主神社(おおとこぬしじんじゃ)

ご由緒
養老3年(719年)に能登国の守護神として、山王社(日吉大社)の分霊を勧請して創建。天元5年(982年)国司・源順社殿を再建し、始めて4月申日(5月14日)の祭典(青柏祭)を修行した。文明5年(1473年)畠山修理大夫義統青柏祭に曳山を奉納し、天正10年(1582年)6月前田利家社殿を再建し古格の祭礼を再興した。明治15年(1882年)、山王社と祇園牛頭天王社(八坂神社から勧請)を統合し大地主神社と改称。
住所
〒926-0052
石川県七尾市山王町1-13
御祭神
大山咋命(おおやまくいのかみ)、素盞嗚命(すさのおのみこと)、伊許保止命(いこほとのみこと)
電話番号
0767-52-4214
営業時間
-
標高
3m
社格
郷社
系列
-