兵庫縣姫路護國神社(ひょうごけんひめじごこくじんじゃ)

ご由緒
明治26年(1893年)より毎年、現鎮座地の近くに祭庭を設けて英霊の招魂祭が行われていたが、正式な社殿を造営して招魂社とすることとなり、昭和11年に鎮座地を決定、昭和13年(1938年)に竣工・鎮座した。翌昭和14年、制度改革により兵庫縣姫路護國神社となり、内務大臣指定護国神社となった。第二次世界大戦後のGHQ占領下は、「護国神社」の名称では軍国主義施設として廃止される虞があるとして、姫路城の別名の白鷺城に因んで「白鷺宮」と改称していた。独立後は元の社名に復した。
住所
〒670-0012
兵庫県姫路市本町118
御祭神
兵庫県西部地区出身の英霊(えいれい)
電話番号
079-224-0896
営業時間
開門時間 5:00~17:00 ご祈祷 9:00~16:00随時
標高
17m
社格
内務大臣指定護国神社・別表神社
系列
護国神社
公式ページ
>>公式ページ