生田神社(いくたじんじゃ)

ご由緒
生田神社の創建は神功皇后(じんぐうこうごう)元年(西暦201年)と日本書紀に記されており、「『日本書紀』神功皇后条巻第9(神功皇后摂政元年2月)」に以下のように記されている。神功皇后が海外外征の帰途、今の神戸港にて船が進まなくなったために神占を行ったところ、稚日女尊が現れられ、「私は活田長狭国に居りたい」と申されたので、海上五十狭茅という者を神主として祀られたと伝えられている。同じくこの時に、天照大神の荒魂(あらみたま)が西宮市の広田神社に、事代主神(ことしろぬしのかみ)が神戸市長田区の長田神社にお祀りされたと伝えられている。
住所
〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通1丁目2-1
御祭神
稚日女尊(わかひるめのみこと)
電話番号
078-321-3851
営業時間
個人祈祷受付時間 9:30~16:00
標高
19m
社格
式内社(名神大)・官幣中社・別表神社
系列
神仏霊場巡拝の道66番(兵庫1番)
公式ページ
>>公式ページ