大神神社(おおみわじんじゃ)

ご由緒
崇神天皇7年(紀元前91年)に天皇が物部連の祖伊香色雄(いかがしこを)に命じ、三輪氏の祖である大田田根子を祭祀主として大物主神を祀らせたのが始まりとされる。日本書紀には大物主神が倭迹迹日百襲媛命に神懸かりして、また臣下の夢に現れてした神託に従い大物主神の子である大田田根子に大物主神を祀らせたとある。
住所
〒633-0001
奈良県桜井市三輪1422
御祭神
大物主大神(おおものぬしのおおかみ) 配祀:大己貴神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)
電話番号
074-42-6633
営業時間
-
標高
98m
社格
式内社(名神大)・大和国一宮・二十二社・旧官幣大社・別表神社
系列
-
公式ページ
>>公式ページ