玉崎神社(千葉県旭市)(たまさきじんじゃ)

ご由緒
社伝のよると景行天皇40年の創建とされている。日本武尊が東征の折、相模より上総に渡ろうとして海難に遭った際、弟橘媛が「これは海神の御心に違いない」と言って入水したので、無事上総国に着くことができ、葦浦(鴨川市吉浦)を廻り玉の浦(九十九里浜)に渡ることができた。そこで日本武尊は、その霊異を畏み、海上平安、夷賊鎮定のために、玉の浦の東端「玉ヶ崎」に、海神の娘であり神武天皇の母である玉依姫尊を祀ったと伝えられている。
住所
〒289-2705
千葉県旭市飯岡2126-1
御祭神
玉依姫尊(たまよりびめのみこと)
電話番号
0479-57-2278(7:00~20:00)
営業時間
-
標高
5m
社格
下総国二宮(論社)・郷社
系列
-
公式ページ
>>公式ページ