箱根神社(はこねじんじゃ)

ご由緒
当社もいわゆる山岳信仰の霊地だったとされる。そして、孝昭天皇の御代(紀元前475年~紀元前393年)に聖占仙人( しょうぜんしょうにん)が駒ヶ岳を神体山として神仙宮を開いたことに始まるとされる。その後、天平宝字元年(757年)、万巻上人(まんがんしょうにん)が現在地に里宮を創建し、僧・俗・女の三体の神を箱根三所権現として祀ったという。
住所
〒250-0522
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根86
御祭神
箱根大神(はこねのおおかみ):<瓊々杵尊(ににぎのみこと)、木花開耶姫命(このはなのさくやびめのみこと)、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)>
電話番号
0460-83-7123
営業時間
-
標高
769m
社格
国幣小社・別表神社
系列
箱根神社
公式ページ
>>公式ページ