山王日枝神社(さんのうひえじんじゃ)

ご由緒
当社は文明10年(1478年)、太田道灌が江戸城築城にあたり、川越の無量寿寺(現在の喜多院)の鎮守である日吉社を勧請したのに始まる。そして天正18年(1590年)、徳川家康公が江戸に移り江戸城を居城とする際には、「城内鎮守の社/徳川歴朝の産神」として、又、江戸町民からは「江戸郷の総氏神/江戸の産神」として崇敬されるようになる。その後、慶長9年(1604年)、徳川秀忠公により江戸城の改築が行われ、社地を江戸城外の麹町隼町に遷座したことにより、庶民が参拝できるようになった。しかし、明暦3年(1657年)、明暦の大火により社殿を焼失したため、万治元年(1659年)、将軍家綱公が赤坂の松平忠房の邸地を社地にあて、現在の地に遷座する。その後、明治元年(1868年)11月の東京奠都の際には、准勅祭社に指定、皇城鎮護の神社とされた。そして大正元年(1912年)、官幣大社に昇格した。しかし、昭和20年(1945年)には、東京大空襲により社殿が焼失し、昭和33年(1958)に再建されることになり、現在に至る。
住所
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-10-5
御祭神
大山咋神(おほやまくひのかみ)、国常立神(くにのとこたちのかみ)、伊弉冉神(いざなみのかみ)、足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)
電話番号
03-3581-2471
営業時間
-
標高
15m
社格
官幣大社・別表神社
系列
日吉神社
公式ページ
>>公式ページ