新倉富士浅間神社(にいくらふじせんげんじんじゃ)

ご由緒
西暦705年、甲斐国八代郡荒倉郷へ富士北口郷の氏神として祀る。西暦807年、富士山の大噴火があり、当社に朝廷からの勅使が参向せられ、国土安泰富士山鎮火祭を執行し、その時、平城天皇より三国第一山の称号並に天皇の御親筆であり、現在大鳥居にある勅額・金幣・破魔宝面(勅使面)を奉納せられる。
住所
〒403-0011
山梨県富士吉田市新倉3353
御祭神
木花咲耶姫命・大山祇命
電話番号
0555-23-2001
営業時間
-
標高
791m
社格
-
系列
甲斐国八代郡荒倉郷へ富士北口郷の氏神として祀る