豊玉姫神社(南九州市)(とよたまひめじんじゃ)

ご由緒
元々は知覧城の出城である「亀甲城」の麓に作られていたが、慶長15年(1610年)に約1.5km西の現在地に遷座した。旧名「中宮大明神」、「中宮三所大明神」。慶応4年(1867年)に「中宮神社」に、明治3年(1870年)に現在の名前に改称した。毎年7月9日から行われる「六月灯」では、水車の動力によるからくり人形(水車からくり)が上演される。
住所
〒897-0302
鹿児島県南九州市知覧町郡16510
御祭神
豊玉姫命(とよたまひめのみこと)、日子火々出見命(ひこほほでみのみこと)、豊玉毘古命(とよたまひこのみこと)、玉依姫命(たまよりひめのみこと)
電話番号
0993-83-4335
営業時間
-
標高
127m
社格
旧県社
系列
-