菊池神社 (菊池市)(きくちじんじゃ)

ご由緒
慶応4年(1868年)に熊本藩から明治新政府の参与に出仕した長岡護美が、菊池氏と加藤清正のために神社を創建する案を建議した。同年7月18日、太政官政府はこの建言を採択し、熊本藩に両者の祭祀を執行するよう命じた[1]。後者については熊本藩は熊本城内に神社を建て(錦山神社、現加藤神社)、前者のためには菊池城址に当神社を建てた。
住所
〒861-1331
熊本県菊池市隈府1257
御祭神
菊池武時公(きくち たけときこう)、菊池武重公(きくち たけしげこう)、 菊池武光公(きくち たけみつこう)
電話番号
0968-25-2549
営業時間
-
標高
112m
社格
旧別格官幣社・別表神社
系列
-