雲八幡宮(くもはちまんじんじゃ)

ご由緒
神功皇后が三韓征伐より帰国されたときにこの里に立ち寄られ、当社の巨石の上で休息されたと伝えられいる。その後、この石より白雲が立ち上り、鳥などが死んでしまう奇怪なことが起き、村の者もこれに恐れていたところ大宝3年(703年)に、唐笠山の頂から光り輝く童児の御姿が雲上に現れたという。村の者は、これを雲石として崇め、祀ったことに始まるとされる。
住所
〒8710433
大分県中津市耶馬溪町宮園363
御祭神
雲八幡大神(くものやはたのおおかみ):誉田別命(ほんだわけのみこと)、大山積神(おおやまつみのかみ)、妙見大神(みょうけんおおかみ)、天御中主命(あめのみなかぬしのみこと)
電話番号
0979-56-2309
営業時間
-
標高
148m
社格
-
系列
八幡宮
公式ページ
>>公式ページ