末吉宮(すえよしぐう)

ご由緒
首里の天界寺の住持、鶴翁和尚が、大和での修行中に、熊野権現を崇敬するようになる。帰国後、その信仰は許されなかったが、ある夜、ご神託が下り、夢の中で、熊野権現が現れ、首里より北方に大声で叫び、呼応した場所に霊験があるとさた。すると、同じくして、第6代琉球国王、尚泰久(しょうたいきゅう:1415年~1460年)にも同様のお告げが下り、その地に、熊野権現を勧請して創建したことに始まるとされる。
住所
〒903-0801
沖縄県那覇市首里末吉町1-8
御祭神
伊弉冉尊 (いざなみのみこと)、速玉男尊 (はやたまをのみこと)、事解男尊 (こよさかをのみこと)、土祖神 (つちみおやかみ)、澳津彦命 (おくつひこのみこと)、澳津姫命 (おくつひめのみこと)、産土神 (うぶすなのかみ)
電話番号
098-951-3239 ‎
営業時間
-
標高
90m
社格
旧無格社
系列
熊野神社・琉球八社