金刀比羅宮(ことひらぐう)

ご由緒
大物主命が象頭山に行宮を営んだ跡を祭り、琴平神社と称したことにより始まったとされる。その後、本地垂迹説(ほんちすいじゃくせつ)の影響を受け、金毘羅大権現(こんぴらだいごんげん)と改称し、永万元年(1165年)に、相殿に崇徳天皇を合祀するが、明治元年(1868年)に神仏離反が施行されると元の神社に戻り、金刀比羅宮と改称し、現在に至る。
住所
〒766-8501
香川県仲多度郡琴平町892-1
御祭神
大物主命(おおものぬしのみこと)、崇徳天皇(すとくてんのう)
電話番号
0877-75-2121
営業時間
-
標高
242m
社格
国幣中社・別表神社
系列
金刀比羅神社
公式ページ
>>公式ページ