古四王神社(こしおうじんじゃ)

ご由緒
崇神天皇の時代、四道将軍のひとつである大彦命が、蝦夷を平定するにあたり、北陸道に派遣された時、北門の鎮護のために武甕槌神を齶田浦神(あぎたのうらのかみ)として祀ったとされる。そして、斉明天皇4年(658年)に、阿倍比羅夫(あべのひらふ)が秋田地方に来た時、自らの祖である大彦命を合祀し、越王神社(古四王神社)として創建したことに始まるとされる。
住所
〒011-0909
秋田県秋田市寺内字児桜81
御祭神
大彦命(おおびこのみこと)、武甕槌神(たけみかづちのかみ)
電話番号
018-845-0333
営業時間
-
標高
43m
社格
国幣小社・別表神社
系列
-