濃飛護國神社(のうひごこくじんじゃ)

ご由緒
明治4年(1871年)、元大垣藩主・戸田氏共が戊辰戦争の戦死者54名を祀るため招魂祠を創建したのに始まる。明治8年に官祭招魂社となって大垣招魂社に改称し、昭和14年、招魂社の制度が護国神社に改められたのに伴い濃飛護國神社と改称した。
住所
〒503-0887
岐阜県大垣市郭町2-55
御祭神
岐阜県出身(主として西濃・飛騨地方)の英霊(えいれい)
電話番号
0584-78-4048
営業時間
-
標高
6m
社格
内務大臣指定護国神社
系列
護国神社