福島天満宮(ふくしまてんまんぐう)

ご由緒
社伝によれば、901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転させられた際、当地の里人徳次郎が旅情を慰めたことをいたく喜ばれ、この辺りを餓飢島と呼ばれていたのを福島と名づけられた。後年、菅原道真が大宰府で失意のうちに死亡したのを聞いたこの地の里人らが、小祠を建てたのが起源とされている。
住所
〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島2-8-1
御祭神
菅原道真公 (すがはらみちざねこう)、相殿:大 国主命(おおくにぬしのみこと)、事代主命(ことしとぬしのみこと)、少彦名命(すくなひこのみこと)
電話番号
06-6451-5907
営業時間
-
標高
0m
社格
-
系列
天満宮
公式ページ
>>公式ページ