御鴨神社(みかもじんじゃ)

ご由緒
当社は、美作郷の総鎮守の大神であり、往古は、美作国真嶋郡美甘郷美甘川の川上、新庄宮座山の山上に鎮座し、神代からの大宮所となる。称光天皇の応永26年(1419年)の頃,宮座山の麓の神集の上の宮に移し奉り、さらに,霊光天皇の延宝7年(1679年)、裏手の路の上の宮に遷座し、更に、中御門天皇の宝永7年(1710年)、現在地に至る。
住所
〒717-0201
岡山県真庭郡新庄村梨瀬5388
御祭神
味須気高彦根神(あぢすきたかひこねのかみ)、天御梶日女命(あめのみかじひめ)、大己貴命(おおなむちのみこと)、多紀理毘売命(たきりびめ)
電話番号
0867-56-3058
営業時間
-
標高
501m
社格
県社
系列
高鴨神社