物部神社 (大田市)(もののべじんじゃ)

ご由緒
饒速日命の御子の宇摩志麻遅命は、神武天皇の大和平定を助けた後、一族を率いて美濃国・越国を平定した後に石見国で歿したという。宇摩志麻遅命は現在の社殿の背後にある八百山に葬られ、継体天皇8年(514年)、天皇の命によって八百山の南麓に社殿が創建されたと伝えられる。
住所
〒694-0011
島根県大田市川合町川合1545
御祭神
宇摩志麻遅命(うましまじのみこと) 右座:饒速日命(にぎはやひのみこと)、布都霊神(ふつのみたまのかみ) 左座:天御中主命(あめのみなかぬしのみこと)、天照大神(あまてらすおおかみ) 客座:別天神(ことあまつかみ)、鎮魂八神(たましずめやはしらのかみ)
電話番号
0854-82-0644
営業時間
-
標高
44m
社格
式内小社・石見国一宮・国幣小社・別表神社
系列
-
公式ページ
>>公式ページ