忌宮神社(いみのみやじんじゃ)

ご由緒
「古事記」「日本書紀」等の書物によれば、九州の熊襲平定のため西下された仲哀天皇と神功皇后は、本州の西端で九州を真向こうに据えるこの地に8年正月まで滞在され、斎宮をたて神祇を祭られたのが忌宮の起りとされている。
住所
〒752-0967
山口県下関市長府宮の内1-18
御祭神
仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)、神功皇后(じんぐうこうごう)、応神天皇(おうじんてんのう)
電話番号
083-245-1093
営業時間
ご祈願受付時間 8:30~17:00(予約の必要なし)
標高
11m
社格
式内社・長門国二宮・国幣小社・別表神社
系列
-
公式ページ
>>公式ページ