帯廣神社(おびひろじんじゃ)

ご由緒
明治16年、静岡県松崎町出身の依田勉三等が開拓団体「晩成社」を組織し、下帯広村オベリベリ(今の水光園付近)に移住し開拓を始めた。この頃より祭礼を営み、後に祠も建造されたようだが、帯廣神社との繋がりがはよく解っていまない。1909年(明治42年)、現在地に新たに神社を創立することとなり、翌1910年(明治43年)に神社創立願が北海道庁に提出された。同年9月24日、札幌神社(現・北海道神宮)から分霊の勧請を受けた。
住所
〒080-0803
北海道帯広市東3条南2丁目1番地
御祭神
大國魂神(おおくにたまのかみ)、大那牟遅神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)
電話番号
0155-23-3955
営業時間
-
標高
35m
社格
県社・別表神社
系列
-
公式ページ
>>公式ページ