鳥取神社 (釧路市)(とっとりじんじゃ)

ご由緒
鳥取村は、明治17年(1884年)に鳥取県からの士族移住者によって作られた村であった。村の鎮守の神社がなかったため、出雲大社に祭神の拝請を願い出て了承され、明治24年(1891年)4月23日、大国主神を祭神とする鳥取神社を創建した。明治31年、内務省より神社創立の許可が下りて正式な神社となり、村社に列格した。
住所
〒084-0906
北海道釧路市鳥取大通4丁目2-18
御祭神
大國主神(おおくにぬしのかみ)
電話番号
0154-51-2404
営業時間
-
標高
5m
社格
村社
系列
-