大和神社(おおやまとじんじゃ)

ご由緒
崇神天皇の代、国内に疫病が蔓延したため、宮中に祀られていた天照大神と日本大国魂大神の神威を畏れ二神を宮中から外に出し祀ることにした。崇神天皇6年(今から二千数十年前)に日本大国魂大神を皇女渟名城入姫(ぬなきいりひめ)に祀らせたが、後に、市磯長尾市(いちしのながおいち)を祭主としたところ国家は安泰になったという。
住所
〒632-0057
奈良県天理市新泉町星山306
御祭神
日本大国魂大神(やまとおおくにたまのおおかみ)、八千戈大神(やちほこのおおかみ)、御年大神(みとしのおおかみ)
電話番号
0743-66-0044
営業時間
-
標高
68m
社格
式内社(名神大)・二十二社・官幣大社・別表神社
系列
-