吉野神宮(よしのじんぐう)

ご由緒
南朝の後村上天皇は、父の後醍醐天皇が延元4年(1339年)に崩御した後、その像を吉水院に安置した。以降、仏教式の供養が行われていたが、明治時代に入って神仏分離により明治6年(1873年)に吉水院を後醍醐天皇社という神社に改めた。2年後に吉水神社と改称して後醍醐天皇を祭神とする神社となった。明治22年(1889年)6月22日に、後醍醐天皇を祀る官幣中社吉野宮の創建が、明治天皇の意向で決定した。明治25年(1892年)に社殿が竣工して、吉水神社から後醍醐天皇像を移して遷座祭が斎行された。明治34年(1901年)に官幣大社に昇格し、大正7年(1918年)に吉野神宮に改称した。
住所
〒639-3115
奈良県吉野郡吉野町吉野山3226
御祭神
後醍醐天皇(ごだいごてんのう)
電話番号
-
営業時間
-
標高
274m
社格
官幣大社・別表神社
系列
-
公式ページ
>>公式ページ