日前神宮・國懸神宮(ひのくまじんぐう・くにかかすじんぐう)

ご由緒
社伝によると、神武東征の後の神武天皇2年(紀元前659年)に、紀国造家(紀氏)の祖神である天道根命(あめのみちねのみこと)が、八咫鏡に先立って鋳造された鏡である日像鏡・日矛鏡を賜り、日像鏡を日前宮の、日矛鏡を國懸宮の神体としたことに始まるとされる。その後、垂仁天皇16年(紀元前13年)に現在地に遷座したとしている。
住所
〒640-8322
和歌山県和歌山市秋月365
御祭神
日前大神(ひのくまのおおかみ)、國懸大神(くにかかすのおおかみ)
電話番号
073-471-3730
営業時間
ご祈祷 8:00~17:00(受付は16:30まで、予約不要)
標高
5m
社格
式内社(名神大)・紀伊国一宮・旧官幣大社
系列
-
公式ページ
>>公式ページ