吉田八幡神社(よしだはちまんじんじゃ)

ご由緒
当地は、かつて神功皇后が三韓征伐の帰途に行宮を設け、この地に度々留められたとしている。そして、この地を出立するにあたり、九人の供に船一艘ずる賜り帰宮されたといい、そのお供は、その舟で漁業を営み、農耕を始め、行宮の地に八幡大神を祀ったとされる。それは、当地周辺に、この九海士にちなんだ里九艘谷という名に残っている。
住所
〒649-1342
和歌山県御坊市藤田町吉田2268
御祭神
誉田別命(ほんだわけのみこと)、息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)、高良神(たからがみ)
電話番号
-
営業時間
-
標高
37m
社格
村社
系列
八幡宮