諏訪神社 (流山市)(すわじんじゃ)

ご由緒
大同2年(807年)に、高市皇子(たけちのみこ:40代天皇天武天皇の皇子)の後裔が移住し、この地を永住の地と定め、当地開発の守護神として、信州の諏訪大社からご分霊を勧請したことに始まるとされる。平安時代末期には、武将・源義家が、後三年の役で奥州に向かう際に立ち寄り、付近で軍馬の調達をしたと言われる。
住所
〒270-0132
千葉県流山市駒木655番地
御祭神
建御名方命(たけみなかたのみこと)
電話番号
04-7154-7377
営業時間
-
標高
16m
社格
村社
系列
諏訪神社
公式ページ
>>公式ページ