神楽坂若宮八幡神社(かぐらざかわかみやはちまんじんじゃ)

ご由緒
鎌倉時代の文治5年(1189年)秋、右大将、源頼朝公が奥州の藤原泰衡を征伐に向った時、当所で戦勝祈願を行い、鎌倉の若宮八幡宮(鶴岡八幡宮の若宮社)を勧請したとされる。当初は仁徳天皇(若宮)を祀っていたが、後に応神天皇が祀られるようになったという。文明年間(1469~87)太田道灌によって再興された。別当は光明山普門院であったが、明治の神仏分離に際し、落飾して神職となった。
住所
〒162-0827
東京都新宿区若宮町18
御祭神
仁徳天皇(にんとくてんのう)、応神天皇(おうじんてんのう)
電話番号
03-3269-7925
営業時間
-
標高
19m
社格
-
系列
八幡宮