金武宮(きんぐう)

ご由緒
創始は詳らかでないが、『沖縄の神社』によれば社殿は創建以来設けられていなかった。「金峰山補陀落院観音寺縁起」には渡来した日秀上人が琉球王国内を行脚し、この地にあった洞窟を霊跡として宮を建て、自身が彫った三尊を権現正体として崇め奉ったとしている。当社は「官社の制」により琉球八社の一つとされた。
住所
〒904-1201
沖縄県国頭郡金武町金武222
御祭神
伊弉冉尊(いざなみのみこと)、速玉男神(はやたまのおのみこと)、事解男神(ことさかのおのみこと)
電話番号
098-968-2411
営業時間
-
標高
61m
社格
旧無格社
系列
琉球八社