安里八幡宮(あさとはちまんぐう)

ご由緒
正年中、第六代・国王尚徳王の時代。鬼界島の討伐を行なっていたが、その島は小島ながら堅固に守って従わなかった。村の老人が「王自身が征討せられよ」と進言し、王は弓矢八幡に誓って鳥を射たところ、みごとに射止め、勇んで出帆した。その後本意を遂げて帰国し、かの鳥を射止めた場所に霊社を建て、八幡大神宮と号して祭ったと伝えられている。琉球八社の一つである。
住所
〒902-0067
沖縄県那覇市安里124
御祭神
神功皇后(じんぐうこうごう)、応神天皇(おうじんてんのう)、玉依姫尊(たまよりびめのみこと)
電話番号
098-863-8716
営業時間
-
標高
27m
社格
旧無格社
系列
琉球八社・熊野神社