金澤八幡宮(かねざわはちまんぐう)

ご由緒
源義家は、後三年の役に於て清原家衡、武衡等に打勝つことの出来たのは、これ偏えに常日頃崇敬する「八幡大神」の加護によるものと信じ、寛治7年藤原清衡に命じて、金沢柵址に神殿を建立し、石清水八幡宮の神霊を勧請して出羽国の鎮護神として祀った。慶長7年(1602年)佐竹義宣が秋田に移封されたが、金沢八幡宮の荒廃を見て慶長9年(1604年)別当土肥胤信に命じ、神殿の改築を行わせ社領35石を付して祭祀料に供せられた。
住所
〒013-0813
秋田県横手市金沢字安本館4
御祭神
誉田別尊(ほむたわけのみこと)、息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと)、玉依比売命(たまよりひめのみこと)
電話番号
0187-37-3352
営業時間
-
標高
171m
社格
県社
系列
八幡宮