鳥海山大物忌神社 山頂御本社(ちょうかいさんおおものいみじんじゃ さんちょうごほんしゃ)

ご由緒
社伝によれば、第十二代景行天皇の御代当国に現れ、神社の創祀は第二十九代欽明天皇25年(564)の御代と伝えられている。鳥海山は活火山で、噴火などの異変が起こると朝廷から奉幣があり鎮祭が行われた。本社は山頂に鎮座し、麓に「口ノ宮」と呼ばれる里宮が吹浦と蕨岡の二カ所に鎮座する。大物忌神社は貞観4年(862)十一月官社に列し、延喜式神名帳には名神大社として、吹浦鎮座の月山神社と共に収載されている。後に出羽国一之宮となり、朝野の崇敬を集めた。特に歴代天皇の崇敬篤く、八幡太郎義家の戦勝祈願、北畠顕信の土地寄進、鎌倉幕府や庄内藩主の社殿の造修など時々の武将にも篤く崇敬されてきた。中世、神仏混淆以来、鳥海山大権現として社僧の奉仕するところとなったが、明治3年(1870)神仏分離に際し旧に復して大物忌神社となり、明治4年5月吹浦口ノ宮が国幣中社に列したが、同13年(1880)七月に山頂本社を国幣中社に改め、同十四年に吹浦・蕨岡の社殿を口ノ宮と称えて、隔年の官祭執行の制を定めた。昭和30年(1955)に三社を総称して現社号となる。山頂の御本殿は、伊勢の神宮と同じく二十年毎に建て替える式年造営の制となっている。現在の御本殿は平成9年に造営された。平成20年には、山頂本殿から口ノ宮にいたる広範な境内が、国の史跡に指定された。
住所
〒999-8521
山形県飽海郡遊佐町大字吹浦字鳥海山1
御祭神
大物忌神(おおものいみのかみ)
電話番号
0234-77-2301(吹浦口之宮)
営業時間
-
標高
2,148m
社格
式内社(名神大)・出羽国一宮・国幣中社・別表神社
系列
-
公式ページ
>>公式ページ