尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)

ご由緒
祭神の尾張大国霊神は、尾張人の祖先が当地を開拓する中で、自分達を養う土地の霊力を神と崇めたものとされる。神社は尾張国府の創始とともに創建されたもので、尾張国の総社とされた。境内別宮の大御霊神社(大歳神之御子。大年神の御子神の大国御魂神のこと)・宗形神社(田心姫命)とともに国府宮三社と称する。『延喜式』では小社に列する。昭和15年(1940年)に国幣小社に列格し、戦後は別表神社となった。
住所
〒492-8137
愛知県稲沢市国府宮1-1-1
御祭神
尾張大国霊神(おわりおおくにたまのかみ)
電話番号
0587-23-2121
営業時間
-
標高
6m
社格
式内小社・尾張国総社・国幣小社・別表神社
系列
-
公式ページ
>>公式ページ