名古屋東照宮(なごやとうしょうぐう)

ご由緒
徳川家康公逝去から三年後の元和5年(1619年)9月17日に、尾張藩の初代藩主となる徳川義直公は日光山鎮座の式に準じて、城郭内三の丸に社殿を創建し天台宗尊寿院並びに神主吉見公和氏を以て奉斎したことに始まるとする。その後、廃藩と共に衰退したが、明治5年(1872年)5月に、村社に列し、同年8月8日県社に昇格し、同9年(1876年)10月に、舊藩立校明倫堂跡地即ち現在地に遷座したという。
住所
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-3-37
御祭神
徳川家康公(とくがわいえやすこう)
電話番号
052-231-4010
営業時間
-
標高
12m
社格
県社
系列
東照宮
公式ページ
>>公式ページ