南宮大社(なんぐうたいしゃ)

ご由緒
第10代の崇神天皇の御代に、現在地に創建されたことに始まるとされる。また、社名については、美濃国府が北方に設けられてからで、その美濃国府の南の宮ということで、南宮と名付けられたとされる。そして、慶応5年(1600年)、関ヶ原の戦いで一度社殿は焼失するも、寛永19年(1642年)に、徳川3代将軍・家光が社殿を再建したと言われる。
住所
〒503-2124
岐阜県不破郡垂井町宮代峯1734-1
御祭神
金山彦神(かなやまひこ)
電話番号
0584-22-1225
営業時間
参拝時間 5:00~18:00(御祈祷・御朱印は9:00~16:30)
標高
51m
社格
式内社(名神大)・美濃国一宮・国幣大社・別表神社
系列
-
公式ページ
>>公式ページ